■シルクスクリーン (Silkscreen) について
 
シルクスクリーンプリントは、金属や木製の枠にナイロン、テトロンなどの繊維(メッシュ)を強く張り、これに加工して版を作成します。
以前は絹糸が使用されたので、「シルクスクリーン」という名で呼ばれるようになりました。

スキ−ジというシリコンゴム系のヘラを用いて版に絵の具をのせ、押し出して刷り込みます。細かい織り目を通してインクや絵具が抜け落ち紙の上に定着したところに色がつきます。幾度も色を刷り込んでいって作品を完成させます。

謄写版印刷、スクリーン捺染などと同じ孔版印刷の仲間で、昔のガリ版印刷と原理は同じです。
シルクスクリーンは、セリグラフSerigraphとも云いグラフィックアートとしての版画の印刷表現の技法です。